融資保証詐欺やヤミ金など騙されないために知っておくべき事

融資保証詐欺やヤミ金など騙されないために知っておくべき事

 

自営業者の人やお金を借りる事が出来ない人をターゲットにした『融資保証詐欺』と『ヤミ金』の被害は昔から後を絶ちません。

 

自営業者でも個人事業主でも、通常なら銀行や消費者金融でもビジネスローンなど専門の融資が存在します。

 

しかし、すでに借り入れを行っているがまだ足りないと言う事業者や、過去に返済のトラブルを起こしてしまっている事業者は、新規借り入れが難しいかもしれません。

 

そうなると、ほとんど名前を聞いた事がないような金融業者を利用するしか選択肢はなくなったりします。

 

そこで、『融資保証詐欺』と『ヤミ金』の被害に遭遇する確率が増してきます。

 

この2つは簡単に対策をすることができます。

 

融資保証詐欺とヤミ金の対策を解説します。

 

・お金を請求されたら融資保証詐欺

融資保証詐欺とは、『お金を送れば融資を保証する』と言った類の甘言で送ったお金を騙し取る詐欺を言います。

 

まともな金融機関であるならば、『お金を借りたい人』に対して、『お金を送れ』なんて言いません。

 

お金を請求された時点で融資保証詐欺になりますから、一切話しを聞かないようにしましょう。

 

・ヤミ金に電話しない

金融機関が貸してくれない時、ヤミ金に頼りたくなるときもあるでしょう。

 

ヤミ金の金利は1ヶ月経つと倍になるような違法金利ですから、そもそも借りてはいけません。

 

家族、友人、知人で借りようとしている人が居るなら、全力で阻止しましょう。

 

・融資保証詐欺、ヤミ金に引っかかった場合

融資保証詐欺、ヤミ金に引っかかった場合は警察に行き被害届と、法律家の元に行きましょう。

 

融資保証詐欺は一度引っかかった人を何度も騙そうとしてくるので、対策を取っておいて損はありません。

 

ヤミ金もしつこくトラブルを発生させますので、キチンとした対策を取るようにしてください。

 

融資保証詐欺、ヤミ金共に相手にしないことが一番の対策です。

 

引っかかった場合は警察への被害届を行なってください。

 

泣き寝入りすると、何度も同業者に狙われますので気を付けましょう。

 
page top