カードローン審査で嘘をついたらバレる?違法になる?

カードローン審査で嘘をついたらバレる?違法になる?

 

カードローン審査で嘘をついた場合、カードローン事業者側にバレてしまうのでしょうか。

 

審査に好条件だからといって勤務先や収入金額などを虚偽の申請で申込みをしたとしたらやはりバレてしまうのではないでしょうか。

 

カードローン審査でバレる原因と、違法になるかについて解説します。

 

・嘘をついてバレるの原因は信用情報機関

嘘をつきたくなるのは、借入先件数や借入総額など重要な項目になると思います。

 

多いのがすでに他社金融機関でお金を借りているにもかかわらず、借りていないと申告することです。すでに借入れを行っていると新規の借入れでの審査が厳しくなると判断しての虚偽報告だと思いますが、これはさらに状況を悪くするだけの行為です。

 

カードローン審査では必ず信用情報機関のチェックを行なっており、借入先件数や借入総額はバッチリ記録されています。

 

住所や勤務先なども他のカードを作った時に申告した内容が記録されていますので、大体の嘘は信用情報機関でバレてしまう事になります。

 

どのレベルの嘘ならバレないというのはありますが、カードローン審査を良い結果にできる程の嘘は高確率でバレてしまいますので嘘はない方がいいでしょう。

 

・嘘は違法になる

嘘をついてカードローン事業者から融資を受けた場合当然違法になり、悪質な場合、詐欺罪が成立する場合もあります。

 

消費者金融が刑事告訴すれば詐欺罪として逮捕される事もあるでしょう。

 

詐欺罪として逮捕されなくても、契約は打ち切られ一括返済を求められる可能性もあります。

 

嘘をついて融資を受けている場合、自己破産を申告しても裁判所に認められませんので、一生かけて遅延損害金の金利で支払いを続ける悲惨な状況に陥りかねません。

 

カードローン審査で嘘をついてもバレる可能性が高く、実用的ではありません。

 

嘘をつくよりも信用状態を良くする事に力をいれましょう。

 

・実際にあった詐欺的借入れ

だいぶ前の事ですが、ある主婦が多重の借入れを行っていましたが、とうとう審査に通らなくなってしまった後は、旧姓を名乗って申し込みをするようになったとの事です。以前は今ほど審査にシビアではなかったとしてもやはり運転免許証やパスポート、または健康保険証などの身分証明書は必要だったはずですが、本人のものとわかる郵便物をいくつか用意するだけでも可能だったマイナーな金融機関も多くあったのかもしれません。

 

そこまで悪質だと犯罪となりますが、最近ではすぐに発覚してしまう事なので、最初から正直に申告するべきでしょう。

 

 
page top