プロミスの利用限度額はどう決められるのか?増枠可能か?

プロミスの利用限度額はどう決められるのか?増枠可能か?

 

プロミスの利用限度額はどのようにして決められるのでしょうか。

 

消費者金融のプロミスを利用する際に出来るだけ借り入れを行いたいという場合は審査でどのようにして借入れの可能額を決めるのでしょうか?

 

プロミスの利用限度額決定プロセスと、増枠可能ついて解説します。

 

プロミスの利用限度額は審査によって決まる?

プロミスの利用限度額は審査内容によって決まります。

 

審査の段階で判断されるのは、申込みをされた方の返済能力になります。

 

月々の収入から、返済能力を超えない無理のない額の範囲内で限度額は決まります。

 

プロミスの利用限度額=総量規制の範囲内

プロミスは貸金業法の総量規制に縛られ、年収の3分の1を超える貸し付けを行う事は出来ません。

 

プロミスの利用限度額は常に総量規制の範囲内に収まると言えるでしょう。

 

総量規制一杯まで借りられるわけでは無い

総量規制が年収の3分の1なのだから、総量規制一杯まで限度額を設定してくれるよねと思いそうですが、そうではありません。

 

プロミス側で1人の顧客に大きな金額を貸し過ぎないようにするため、リスク分散の観点から総量規制一杯まで限度額を設定せず、余裕を持った貸出を行うようにしています。

 

年収の3分の1は大きな額です。契約後の初回から満額を借り入れできる訳ではありません。

 

まずは、月々の返済状況をチェックしなければなりませんので、審査で判断された金額になります。

 

例えば、年収が450万円の方であれば、150万円が借入可能額となりますが、初回限度額は多くの場合、50万円となります。

 

借入可能額は150万円分ありますが、満額を借りるためには、その後の利用状況で判断され、増額という形になってからになります。

 

きちんと返済すれば増枠可能

お金を借りて、きちんと遅れることなく返済を続ければプロミス側に信用されていきます。

 

信用が積まれれば、増枠をお願いすれば受けてもらえるでしょう。

 

増枠依頼は会員ページで受け付けてくれる所も多く、半年程度信用を積んだら増枠可能か依頼してみるといいでしょう。

 

時期が来ればプロミス側から増額の話が来ることもあります。利用者のタイミングではなかなか増額をしてくれない場合も多いです。消費者金融側は信用できる相手には増額に積極的です。ですから増額の話が来るまで待つというのもあります。

 

延滞を行っていると悪い印象を与え、増枠どころか契約打ち切りをされることがあるため、延滞は絶対に行わないようにしてください。

 

利用限度額は初回の借入ではおとなしめに設定されます。

 

キチンと返済すれば増枠可能ですから、焦らず増枠を勝ち取ってください。

 
page top