リボ払いの残高は新規カードローンの審査に影響ある?

リボ払いの残高は新規カードローンの審査に影響ある?

 

『新たなカードローンの申し込みをしようと思っているけど、すでにリボ払い残高があるので心配』と感じていませんか?

 

確かにローンやクレジットカードのキャッシング枠があると月々の支払も増えてきます。

 

そこにさらにお金を借りようというのですから、審査がどうなるのか心配だと思います。

 

しかし、リボ払いに関しては、その残高がいくらかあったとしても、直接的には審査に関係はありません。

 

リボ払い残高によって審査に通りにくくなるかについて解説します。

 

・リボ払い残高ではなく与信枠で審査される

カードローンの審査の原則は、残高ではなく与信枠の設定によって審査がされます。

 

例えば、対面の審査で直接聞かれるのは、今いくらまで返済し終えているかというのではありません。

 

キャッシングをしている方のほとんどは、枠いっぱいに借り入れをしていると考えられます。

 

ですので、与信枠を使いリボ払い残高があろうがゼロ円だろうが、『いつでも使える状態』にあるものは審査にとってマイナスの影響を与えます。

 

使わないキャッシング枠はクレジットカードであっても廃止したほうがローン審査には通りやすくなるでしょう。

 

・カードローン審査はリボ払い残高があっても大丈夫

基本的にカードローンの審査はお金に困っている人に対して融資を行うものですので、リボ払い残高があっても審査には通ります。

 

銀行のカードローンよりは、消費者金融会社のカードローンの方が審査には通りやすいです。

 

・使わないリボ払い残高は完済し解約

住宅ローンや教育ローンなどは審査が難しいとされています。

 

もし新たなローン審査を有利に進めたいのであれば、リボ払い残高を完済し、解約するといいでしょう。

 

スコアリングの点数が上がり、審査の難しい金利のリーズナブルな審査に通りやすくなります。

 

リボ払い残高は審査に影響を与えず、与えるのは与信枠です。

 

使わないカードは解約して整理しましょう。

 
page top