カードローンの借入れ希望額、高くしておいた方が便利?

カードローンの借入れ希望額、高くしておいた方が便利?

 

カードローンを作ろうとしたとき、高くしておくか低くしておくか迷うところだと思います。

 

カードローンの借入希望額を高くしておけば色々便利な事がありそうですが、審査においては最初なので低めに設定しておいた方が審査に通りやすいという話もあります。

 

高くしておく場合と低くしておく場合、どちらが便利かについて解説します。

 

審査通過後の利便性は高く設定しておいた方に軍配

 

借入希望額を100万円で審査に通った場合、最大で100万円まで借りる事が可能です。

 

逆に30万円までしか借入希望額を設定しなかった場合、30万円分の審査にしか通る事が出来ません。

 

何らかの理由で追加の借り入れが必要になった場合、後者の場合だと増額審査に申し込まなければいけません。

 

場合によっては、希望金額よりも借入可能額が高額に提示されることもあるかもしれませんが、そういう方はとても良い結果で審査を通過したのだと考えられます。

 

借入希望額を高くするか低くするか、どちらが便利かは一目瞭然で、借入希望額を高くしておいた方が便利と言えるでしょう。

 

審査通過率は低く設定した方がいい

 

他の業者から借金が多くあるのに、加えて借入希望額を高く設定してもらうように審査に申し込むと、どうなるでしょうか。

 

審査担当者としては自身にあった借入希望額で申し込まない人は、浪費家といった印象でとらえ、審査においてマイナスポイントと評価します。

 

結果的に審査に通らなくなることも考えられますので、自分の状況を一切考えないで借入希望額を高く申し込むのはマイナスになってしまうでしょう。

 

借入希望額は各々の生活環境、収入に合わせて程よい金額で申し込むようにしましょう。

 

高く申し込んでおけば無事審査に通過した後は便利です。

 

高く申し込み過ぎると審査においてマイナスポイントとして見られてしまいます。

 

審査のひとつに「総量規制」というのもあります。年収の3分の1までしか借りる事ができないというものです。しかしすでに他社からキャッシングをしているのであれば借入限度額は厳しくなるので気つけましょう。

 

取り敢えずの必要な金額が少額なら少額での申し込みから始めても良いかもしれません。利用状態に問題がなければ後から増額も可能なので、そちらをオススメします。

 

丁度いい塩梅の部分を考え、申し込んでみてください.

 
page top