カードローンの返済が遅れそうな時はどうすればいい?

カードローンの返済が遅れそうな時はどうすればいい?

 

大事な日をうっかり忘れてしまう事はたまにあるかもしれません。

 

しかし借りているお金の返済日を忘れることは、絶対に避けるべきです。うっかりでは済まされません。

 

返済が遅れてしまうと、信用度が著しく低下します。そして様々な弊害が起こります。

 

追加融資が難しくなり、増額の話はなくなるでしょう。さらに悪質な場合は「信用情報機関」に遅延の履歴が残ります。

 

こちらのページでは、返済が遅れてしまった後の事をどう対処すべきかを紹介しています。

 

カードローンの返済が遅れてしまう時はどうするのがベスト?

カードローンの返済が遅れそうなときは早い段階で消費者金融に伝えるようにしましょう。

 

返済が遅れる事は、お金を借りている状態では最も犯してはならない事です。

 

しかしどうしても返済日までにお金を用意できなかったらどうするのが良いのかというと、担当者に事前に連絡するのがベストです。

 

消費者金融によって対応は異なりますが、数日程度の延滞で返済が可能ということであれば待ってくれることがありますし、返済日を選べる会社であれば一時的に返済日を変更する、また最底返済額の修正で対応してくれるということがあります。

 

また実際に返済が遅れてしまったが連絡をしていないという場合も、まずは消費者金融に連絡をしましょう。または直ぐに連絡があるので対応しましょう。メールや携帯電話にかかってくる電話にはすぐに対応しないと、自宅や職場に確認の電話がかかってきてしまうので気をつけましょう。

 

多くの消費者金融は滞納や返済遅れの際の対応が決まっていますし、どうしても遅くなってしまうにしてもあらかじめ連絡をしおくだけで対応が異なるのではないでしょうか。

 

このように多少の遅れであれば消費者金融に相談することである程度は対応してもらえるので、まずは消費者金融に相談するようにしましょう。

 

消費者金融からの連絡を無視するとどうなってしまうのか?

数日ではなく一ヶ月も無視するというのは基本的には難しい事です。なぜなら、それまでに催促の連絡は繰り返し行われます。本人のメール、電話、そして自宅の電話や自宅への郵便物。さらには職場への電話連絡。

 

これだけの催促を無視する事は、職場に迷惑がかかる可能性もありますし、家族にバレる事も確実です。

 

それだけの覚悟がなければ、一ヶ月以上も催促の連絡を放っておくのは困難でしょう。

 

もし一か月や二か月といった長期間の遅れになってしまう、もしくは返済できる見込みがないという場合は消費者金融に相談してどうにかできる範囲ではありません。

 

そういった場合はまず他社が提供するキャッシングやカードローンに乗り換える(借り換え)を行い返済計画を一から見直すことになります。

 

この借り換えは返済計画の変更や金利の提言などができるとメリットが大きいのは確かなのですが、審査があるので、借入額が多すぎる場合などは審査に落ちてしまう可能性があります。

 

その場合、親族からお金を借りて返済してある程度の負担を減らすか自己破産などの道を選ぶことになります。

 
page top