どれくらいの返済遅延は金融事故なのか?ローントラブルにならない為に

どれくらいの返済遅延は金融事故なのか?ローントラブルにならない為に

 

返済遅延を起こした時、有無をも言わさず金融事故になるのでしょうか。

 

返済期間中にどうしても予想外の出費が重なって生活費が大幅に減っただけでなく月々の支払いのためのお金も足りないという状況があるかもしれません。ただ消費者金融やクレジットカードを利用する中で最もやってはいけないのが返済の遅延です。

 

返済が遅れても、連絡をとって支払いを済ませれば問題は大きくなりません。しかし問題が大きくなると、金融事故として履歴が残ってしまいます。そうならないために知っておく必要がある情報を紹介します。

 

何かと謎な返済遅延と金融事故とされるローントラブルについて解説します。

 

・1日から1週間くらいの返済遅延は金融事故にはならない

「うっかり引落日を忘れてしまっていた」という事は誰にでもあります。

 

こんな場合は金融事故には該当しません。

 

信用情報機関には返済状況の他に、「異動情報」と書かれる情報があり、この異動情報には2〜3か月間返済遅延を続けなければなりません。

 

異動情報の事を金融事故、他にブラックと呼んだりします。

 

・金融事故にはならないが

短期返済遅延では金融事故にはなりませんが、CICには「期日にキチンと返済したか」を記録する情報があります。

 

短期返済遅延でも、ここには記録され、何回も延滞していると信用情報機関の見栄えが悪くなるのです。

 

短期返済遅延でも行わないように常日頃から気を付けましょう。

 

・返済遅延を続けない

異動情報には2〜3か月間返済遅延を続けてしまうとなってしまいますが、毎月の様に返済遅延を続けていると金融機関側が金融事故として登録する場合があります。

 

2〜3か月間に渡る返済の遅れ、または毎月の返済の遅れ、これがどれくらい悪質と判断されてしまうかという理由について解説します。

返済が遅れてしまった次の日にはすぐに消費者金融の担当者から、返済日の確認連絡が入ります。

 

最初はメールで確認。次に携帯電話への電話確認になります。

 

それに対して、うっかり支払日を忘れてしまったこと、返済金額を用意できなかった事を、伝えて翌日にも支払いを行うという対応をすれば全く問題はありません。

 

しかし、メールも電話もスルーしてしまうと、何度も確認がありますし、次には自宅の電話、そして職場への電話確認と進んでいきます。

 

この状態で、毎月の返済遅れもそうですが、2〜3か月間返済遅延というのはなかなか出来る事ではありません。

 

その間、消費者金融からの全ての連絡をスルー、もしくは、対応しても支払いの約束を守らない、という状況まで進んでしまっているということになります。

 

そうなると、悪質な利用者となり、他の金融業者も、新規では契約したくないカスタマーということで、ブラック扱いとなってしまいます。

 

まとめ

この辺りは金融機関によって対応が違いますので、延滞は早めに解消しましょう。

 

返済遅延をしてもすぐ金融事故になる訳ではありません。

 

ただし、返済遅延は信用を大きく損ないますので行わないように、行ってもすぐ解消するようにしてください。

 
page top