専業主婦のキャッシングについて

専業主婦のキャッシングについては

 
専業主婦のキャッシングについては、基本的には融資が難しいと言えます。
例外的には配偶者である夫の信用調査をし、融資が可能か審査し、夫の勤務先へ在籍確認などを行い、同意を必ず得てから融資という形になります。

 

ですので、家族に内緒でお金を借りたいという方は、専業主婦の状態では厳しいといえます。

 

同じ主婦でも派遣やパートなどをしてる方の場合は問題なくキャッシングができますので、お金を借りたい主婦の方はまずはなんでもいいので、カンタンなパートを始めてから借り入れをするほうがいいかもしれません。

 

ちなみに専業主婦でも融資が可能な銀行カードローンはありますが、借入可能額は最高で30万円になります。もし、配偶者控除の範囲内で働いているとしたら、総量規制のため消費者金融で借入可能額はおよそ30万円ということになります。

女性専用のキャッシングなら女性スタッフが対応してくれるので主婦の方でも安心して申込みできます。
主婦の方でも派遣やパートなどで安定した収入があれば利用できます!

学生の場合も主婦と同じような感じで、バイトなどをしていれば学生でも問題なく借りられるのですが、収入がない学生は厳しいです。

 

どうしても借りる場合は連帯保証人のような感じで親の審査などを行う場合もあります。いずれにしても主婦や学生の場合は借入限度額が低い設定の場合があります。

 

やはり年収に応じた融資額を設定されるのでこれは仕方がないといえます。そして、アルバイトで生計をたてているフリーター、派遣、契約社員、日雇い、自営業などの方の場合ですが、雇用形態問わず毎月きちんと安定した収入があれば正社員以外でも全く問題なく借り入れ可能です。

 

消費者金融ならサラリーマン以外でもお金を貸してくれるので敷居は低く利用しやすいイメージです。

 

消費者金融はキャッシング審査基準を公表していませんが、おおよその推測としては、雇用形態や勤務年数、持ち家かどうか、会社のランクなどよりも重要視してるのが、やはり他社借り入れ件数や借金額、事故情報がないかなどです。

 

ですので、初めて借り入れをする方なら全く問題ありませんので、気にする必要はありません。逆に言えば借り入れ件数が4件などの方であれば新たな借り入れが困難なケースが多いといえます。

 

ちなみに初めて消費者金融でお借入をされる方は、30日間無利息のサービスがあります。消費者金融によって条件は異なりますが、プロミスの場合はメールアドレスの登録とWEB明細の申込でこちらのサービスを受けることが出来ます。