失業したばかりでお金を借りたい!審査にどう影響する?

失業したばかりでお金を借りたい!審査にどう影響する?

 

失業中って収入がなくなるのに時間はあるのでむしろ出費は増えてしまいがちです。

 

お金が借りたくなるのはむしろ失業中の方ではないでしょうか。

 

一方で『失業中は審査に通らない』という話しをよく聞きます。

 

失業したばかりなら審査に通るか解説します。

 

・失業は何が問題か

失業をした場合、何故お金を借りることができなくなるかというと、
◆年収がゼロになる

 

◆在籍確認ができなくなる
の2点が影響するためです。

 

これらの原因を考えると、失業中は勿論、失業したばかりでも特に関係が無いことがわかります。

 

・消費者金融は諦める

消費者金融には総量規制というルールが存在します。

 

総量規制のルールは、『貸し出せる金額は年収の3分の1まで』というルールになっているので、年収ゼロの人の貸し出せる金額はゼロにしかなりません。

 

消費者金融からの借入は諦めた方がいいでしょう。

 

一方で銀行カードローンはこのような法律がありませんが、近年自主ルールで年収を基準にいれている銀行が多いため、苦戦を強いられます。

 

・配偶者がいる時

失業中の借金は難しいですが、配偶者と合わせて年収の3分の1まで貸し付けていい総量規制の例外、配偶者貸付制度を利用することができます。

 

中小の消費者金融で扱っていますので、失業中の人は配偶者貸付制度を模索してみるといいでしょう。

 

失業中のお金を借りる事はなかなかハードルが高そうです。

 

失業前にカードを作っておくか、クレジットカードのキャッシング枠が生きていないか見直してみるといいでしょう。

 
page top