プロミスなら収入証明書がなくても借りれるカードローンで安心

カードローン申込みに収入証明書が必要ないってホント?

 
貸しすぎ借りすぎを防ぐための賃金法改正により、カードローンの申込時に年収を証明するための「収入証明書」の提示が義務化されるようになりました。
そのために、金融機関に申込む際は、わざわざ勤務先や役所などに出向いて証明書の発行を申請しなければなりません。
金融機関がが融資を行う際に重要視するのが返済能力です。そのため収入がどれだけあるのかをチェックする必要があるのです。
ですが、ある条件により、収入証明書を用意しなくても申し込めるようになりました。
【収入証明書が不要になるのはこんなケース】

 

・ 借入れ希望の限度額が50万円を超えない場合。

 

・ すでに他社で借入れしている利用残高の合計が100万円を超えない場合。

もし、これらの範囲を超えてしまう場合は収入証明書が必要になります。
では、収入証明書が必要な場合、何を用意すればよいのでしょうか?

 

・ 源泉徴収票(最新のもの)

 

・ 確定申告書(最新のもの)

 

・ 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与が無い場合は給与明細のみでも大丈夫。

・ はじめは、収入証明書が必要のない範囲の額を借入れて、その後も借入れと返済を問題なく繰り返し継続して利用していけば、いずれ消費者金融側から増額の話が来るようになります。最初から大きい額が必要でないようであれば、そういう利用方法もあります。また、少額の申込みのほうが審査が早かったという声もありますが、これは他の審査の内容に因るところもあるので、一概には言えないところです。とはいえ最初から高額融資を希望するより審査は早いことは確かです。

 

・ 50万以内の借入れで収入証明書が必要ないとしても、契約更新の場合には必要となることもあります。1年、2年と長期利用をしてきて、場合によっては利用者の勤務先が変わっている可能性もあります。在籍確認の電話審査ではなく収入証明書の提出でご利用されている方の環境に変化がないかを確かめるというものです。もし勤務先の変更があるのであれば、変更後すぐに申請するのが良いでしょう。申請をし忘れて契約更新の時に指摘されると信用度は下がる可能性があります。