カードローンの「簡易審査・仮審査・本審査」それぞれの違いとは?

カードローンの「簡易審査・仮審査・本審査」それぞれの違いとは?

 

カードローンの審査には3種類あります。「簡易審査」「仮審査」そして「本審査」これらの違いについてきちんと解説できる人は少ないのかなと感じます。

 

それぞれ役割の異なる「簡易審査」「仮審査」「本審査」について解説します。

 

・簡易審査は限られた情報で審査する簡単なもの

簡易審査は申し込み前に融資可能であるか知りたい人の為に作られた、簡単な診断です。

 

アコムでは3.秒診断、プロミスならお借入診断取った名称になっています。

 

年収と借入件数・借入総額だけでざっくりと借入可能か否か診断する結果になっていますので、はっきり言って審査と呼べるものではありません。

 

簡易審査ではよっぽどひどい状況でなければ融資可能といった診断が出る事になっていますので、OKが出たからと言って借りられるとは思わない方が良いのではないでしょうか。

 

・仮審査は申し込み内容でシステムを使った自動審査、本審査は人の手を介した審査

仮審査は申込内容を点数化して、点数を上回ったら審査合格となる人の手を介さない自動審査になります。

 

自動審査だから心もとないと思うかもしれませんが、人間が考えるよりも正確で一定の審査結果が出る事になります。

 

与信システムによるスコアリング審査と呼んだりもします。

 

一方で本審査は人の手を使って問題が無いか、最終チェックを行う審査です。

 

職場への在籍確認や、信用情報機関のチェックも本審査で行います。

 

申込内容に誤りが無く、信用情報機関に悪い情報が記録されていないなら本審査において大半のケースで審査に通過します。

 

もし本審査で落ちるようなことがあるなら、信用情報機関に悪い情報が記録されている可能性がありますので、原因を追究したほうが良いでしょう。

 

「簡易審査・仮審査・本審査」色々審査がありますが、最も重要なのは本審査です。

 

本審査で落とされないように、返済期日を守り延滞をしないようにして下さい。