プロミスから「ご連絡のお願い」のメールが届いたら如何すれば良い?

プロミスから「ご連絡のお願い」のメールが届いたら如何すれば良い?

 

大手消費者金融プロミスを利用中に「ご連絡のお願い」というメールが届くことがあります。

 

このメールは催促なのか、勧誘なのか気になるところですよね。例え返済が遅れていなくても、一瞬ドキッとしてしまいますよね。

 

そこでどんなメールなのかこれから紹介していきます。

●返済が遅れている時は催促のメール

プロミスへの返済が困難になっている時に「ご連絡のお願い」のメールが届いた場合は催促である可能性大です。

 

返済に遅れが生じた時、利用者からの連絡を促すメールとなっており、届いた時は無視してはいけません。

 

場合によっては電話による催促も始まることがあります。

 

そのまま放置すると自宅に督促状が届き、残高の一括請求が求められることがあるのです。

 

その他にも遅延損害金が発生する、カードの利用が停止される、信用情報に事故情報が登録されるなどのリスクがあるため、催促が始まった時はすぐにでも返済に応じて下さい。

 

連絡が取れなくなると信用を失ってしまいます。

 

返済が遅れそうになったらプロミスコール「0120-24-0365」へかけて相談すると良いでしょう。

●増額の案内メール

遅延の無い優良な利用実績を積み重ねている場合もプロミスから「ご連絡のお願い」のメールが届くことがあります。

 

この場合は増額案内といった内容となっており、返済を催促するメールではありませんので安心です。

 

増額案内の連絡は、利用を始めてから半年から1年経過したくらいで連絡が来ることが多いようです。ただしそれまでの利用内容に遅延や連絡が取れなかったりした過去の利用状況があると増額案内の連絡はもっと時間が経過してからでないと来ないかも知れません。

 

利用限度額が足りない時は増額して貰うと良いでしょう。

 

審査に合格しないと増額されませんが、自分から申し込みするよりプロミスから増額案内のメールが届いたほうが合格しやすいです。

●終わりに

その他にも「返済日お知らせ」メール、「審査結果お知らせ」メール、「書類提出のお願い」メールなどがあります。

 

良く内容を確認しておけば慌てずに済みます。