消費者金融の始まりと歴史のついて。名前の由来や経緯など

消費者金融の始まりと歴史のついて。名前の由来や経緯など

 

消費者金融のはじまりと歴史についてご存知ですか?

 

今でこそ当たり前の様になったサービスも、歴史を紐解いていくと色々な転機があったのです。

 

消費者金融のはじまりと歴史、名前の由来や経緯について解説します。

 

・消費者金融のはじまり

消費者金融のはじまりは質屋という形式からはじまっています。

 

質屋は質草をとって融資する担保付きの貸し出し方でしたが、消費者金融は無担保での融資に特化していきます。

 

現在の形に近づいてきたのは、今は消滅した武富士の創業者が主婦層を相手に団地で1件1件訪問して融資をしたのが歴史の始まりとされています。

 

団地であれば借入者が集中しており、回収に手間がかからず、給料日後に大体回収できるといった利点もあり、消費者金融業界は急速に発展していきます。

 

・消費者金融の名前の由来

消費者金融は何故消費者金融と呼ばれる様になったのでしょうか。

 

昔はサラリーマン金融、いわゆるサラ金と呼ばれていました。

 

2000年近辺で消費者金融業界はサラ金問題としてメディアに取り上げられ、サラ金と言う言葉のイメージが著しく悪化したため、業者の多くは自分たちが消費者金融であると呼称した経緯があります。

 

今では当たり前の様に使われている消費者金融というワードですが、元を辿ればサラ金から来ています。

 

消費者金融の歴史はここ20年で大きな変貌を遂げました。

 

昔はヤミ金と対して変わりませんでしたが、現在では非常にコンプライアンスを遵守する業態になっています。

 

大昔の歴史にあるような悪質な取り立てを行う事もなくなりましたので、安心して利用してください。