プロミスのカードローン金利について

プロミスのカードローン金利についてですが・・・総量規制と金利について

 

プロミスの借り入れ限度額:1〜500万円

実質年率:4.5%〜17.8%

これは消費者金融の中で最も低金利となります。

また、プロミスで初めての借り入れをする際は30日間、無利息で借りれるので、さらに利用しやすいかと思います。30日以内に返済が完了すれば利息ゼロで借り入れができます。また、はじめての借入れが数カ月間の分割での返済の場合も、最初の30日間の利息はかかりませんので、金利を低く借りたい方にはオススメです。

 

他の消費者金融にも30日間無利息サービスはありますが、プロミスの特徴は、契約完了の次の日から30日間ではなく、はじめて借り入れを行った次の日から30日間が無利息となります。契約はしたけれども数日後に借りたいという方も、しっかりと無利息期間のサービスを受けることができるのでオススメです。

 

〜プロミスの借り入れ審査について〜

プロミスなど、消費者金融のカードローンには欠かせない審査、そして勤務先に電話がかかる審査の在籍確認電話。

 

勤務先に電話がかかると誰かに消費者金融がばれてしまうのではないかと心配になりますが、そんな心配が無い誰もが安心して審査できる方法って無いものなのでしょうか。

 

消費者金融の勤務先への在籍確認電話がどうしても困る、できれば回避したい、という場合にはWEB申込みをする際に備考欄に勤務先への電話NGと記載しておきましょう。

 

すべての場合やすべての消費者金融会社で行われるものではないのですが、だれにも知られることが無いので助かります。

 

即日融資も可能なので急いでお金を借りたい、でも誰にもばれたくない、安心してお金を借りたいという場合には、消費者金融会社にまずは相談をし、在籍確認の電話を考慮してもらいましょう。

 

ちなみに、勤務先に在籍しているとわかる源泉徴収票や給与明細などの収入証明書をあらかじめ用意できるのであれば、審査がスムーズに進むこともありますので、即日融資を希望している方は是非。

 

審査通過後は計画的な利用をして、必ず返済期間を守るようにしましょう。

そうすればいつでも困った時に安心して利用をすることができますし、消費者金融側から増額の話もくることもあります。

 

※30日間無利息サービスを利用するにははじめて利用される方で、メールアドレスの登録とWeb明細の利用が必要になります。
※在籍確認を電話以外の方法で希望する場合、お客様のご要望に残念ながら沿えないという事もあります。

 

総量規制と金利について

総量規制とは多重債務などの金融関係の問題を解決するために決まった賃金業法の事を言います。個人の借入総額が年収の3分の1まで制限されるというもの。消費者が借り過ぎないようにするためのもの。ですが利用する側が、厳しくなったと感じる必要はありません。厳しくなったのは金融機関側です。金融側は法律に違反しないように借入れ申込者に対して確実な審査を行わなければなりません。