消費者金融のカードローンも時効になる事ってあるの?

消費者金融のカードローンも時効になる事ってあるの?

 
消費者金融のカードローンの支払いが時効によって返済しなくても良くなるってこと、あるの?

 

消費者金融のカードローンと言っても基本的には民法上の契約なので、時効も存在します。

 

ただ、現実的に時効になるというのはかなり珍しい例です。

 

そもそもカードローンに限らず金融機関とのローン契約は最終返済日から5年となっています。

 

この5年と言うのはただ待っていれば良いというわけではなく、金融機関側から請求が来ない、一切支払いを行わないなどの条件を満たして5年以上たった上に、こちらから「時効なので支払いを行わない」という旨の意思表示を行って時効は成立します。

 

ですから消費者金融のカードローンの場合、滞納してから(完済であれば時効は関係ないので)5年たったら時効になりますが、これが成立するというのはめったにありません。

 

まず金融機関は滞納が行われた時点で請求を行いますので、この時点で時効は成立しません。また滞納が続くようであれば裁判を持って差し押さえが行われるのが一般的なのでこれも同様です。

 

その上こういった請求に対して一切反応しない(承認をしない)ことが時効成立の要件なので、カードローンの時効というのはめったに成立するものではありません。

 

成立する例としては自己破産などを行わずに逃亡した(夜逃げ)や引っ越しの際の申請忘れや会社側の手続きミスで放置されていたと行った場合、また消費者金融が倒産した際の混乱で請求が行われなかった場合など、かなり特殊な例となっています。