カードローン審査の際に行われる、本人確認に関する注意事項とは?

カードローン審査の際に行われる、本人確認に関する注意事項とは?

 

カードローン審査の際の本人確認は複雑ですよね。

 

急いで融資が必要なときほど、焦って本人確認に失敗しがちです。

 

本人確認時の注意事項について解説します。

 

・有効期限内に注意

本人確認は有効期限内ではなくては受け入れてくれません。

 

免許証のコピーでも有効期限が切れていたりすると、金融機関に受け入れてもらえる事は出来ません。

 

免許証は引っ越した場合、裏側に住所が記載されますので両面のコピーが必要になります。

 

必ず両面をコピーして提出するようにして下さい。

 

同じく顔写真がついている身分証明賞となるパスポートも有効期限が切れていると、本人確認証明書として使うことが出来ません。

 

・顔写真がない書類の場合は手続きが複雑になる

免許証を持っていれば本人確認書類として十分に通用するのですが、中には免許証を持っていない人もいるでしょう。

 

免許証を持っていない場合は別の書類で本人確認が必要です。

 

具体的には、健康保険証、個人番号カード等のいずれかで本人確認を行いますが、顔写真が無い書類で本人確認を行う場合、その他に住民票や公共料金の領収書を追加で求められることがあります(こちらも有効期限があり)。

 

本人確認が出来ないと何が必要なのか良く聞いてから自動契約機に向かうなりした方がいいでしょう。

 

本人確認書類の提出でつまずくと、スムーズな借り入れが出来なくなります。

 

良く確認をして、間違えないように手続きをしてください。

 

スマートフォンでの身分証明書の提出

スマートフォンでの申込みであれば、最短時間で身分証明書を提出することが可能です。

 

スマートフォンで写メを撮って身分証明書を画像変換します。あとは公式ホームページからカメラアプリを使って消費者金融の担当者に送るだけです。

 

この際に気をつけなければならないのが写メの失敗がないかどうかです。大事なのは本人確認の書類なので、名前や生年月日、住所などの文字情報がはっきりと写っているかどうかです。ピントが合っていなかったり、フラッシュで文字が見えなかったりすることがあるので、送る前に確認をしておきましょう。

 
page top