カードローンの審査には男女差はどれくらいあるのか?

カードローンの審査には男女差はどれくらいあるのか?

 

最近のカードローンでは女性の利用者が増えてきました。

 

昔に比べて消費者金融などのイメージがCMなどの影響でかなり改善されている事が女性利用者の増加に繋がっているのではないでしょうか。以前は消費者金融には多重債務や自己破産などネガティブな印象はだいぶ減ったといえます。

 

しかし、女性だと借り入れ審査が不利になると思っていませんか?

 

女性と男性では借り入れ審査にどんな影響があるのか、今回紹介していきます。

 

性別で有利不利があるのか、気になる方も先をご覧下さい。

 

○ 男性のほうが借り入れ審査が有利になる?

カードローンの借り入れ審査では、安定収入を重視しています。

 

女性よりも収入が多くなりやすい男性のほうが、借り入れ審査が有利になるイメージは強いです。

 

しかし、性別によって借り入れ審査が有利になる、不利になることはありません。

 

パートで働く女性であっても安定収入があれば、カードローンの借り入れ審査に合格しやすいです。

 

○ 専業主婦だと借り入れ審査が不利になる

しかし、外で働いていない専業主婦の方だと安定収入を得るのが難しいです。

 

消費者金融カードローンは年収3分の1以上借りられない総量規制の対象のため、専業主婦の方はカードローンの借り入れ審査が不利になります。
総量規制には配偶者貸付があり、配偶者の方と合算して年収3分の1までなら借りることが可能です。

 

しかし、配偶者貸付を行わない大手消費者金融が多くなっています。

 

総量規制対象外の銀行カードローンなら、配偶者の方に安定収入があれば、専業主婦の方でも借りられる可能性があります。

 

○ まとめ

中には女性専用カードローンがありますが、女性だから審査が有利になる訳ではありません。

 

借り入れ審査の合否は収入だけじゃなく、雇用形態や勤続年数、家族構成など様々な属性から判断しています。

 

借り入れ審査の合否は性別ではなく、その人の属性しだいとなる訳です。

 
page top