クレヒスが全くないスーパーホワイトだとカードローン審査に通りにくい理由

クレヒスが全くないスーパーホワイトだとカードローン審査に通りにくい理由

 

カードローンの審査では個人の信用情報を確認しています。

 

この信用情報にはブラック、ホワイト、スーパーホワイトといった用語があります。

 

このうちスーパーホワイトでも審査が通りにくいと言われていますが、なぜなのかこれから解説していきます。

〇 ホワイトとスーパーホワイトとの区別が難しい

ホワイトとスーパーホワイトでは似ていますが、大きな違いがあります。

 

クレジットやローンの長期滞納、債務整理、代位弁済などを行うと信用情報にブラックとして登録されます。

 

カードローンが審査の時に信用情報を確認すればブラックかどうかすぐに分かります。

 

ブラックの場合は審査に落ちる事が多いです。

 

このブラックは登録期間が過ぎると削除されます。

 

登録期間中は審査に通らないため、クレヒスがない状態になります。

 

これをホワイトと呼んでいます。

 

スーパーホワイトは最初から全くクレヒスの無い状態です。

 

クレジットやローンを利用した事が無いため、ブラックになった事もありません。

 

しかしカードローン会社が信用情報を確認しても、ホワイトとスーパーホワイトの区別が難しい事があるのです。

 

スーパーホワイトでも過去にはブラックの可能性があるため、審査が厳しくなります。

 

カードローンの利用は20歳以上という関係上、若い年代ではスーパーホワイトが多くなっています。

 

そのためスーパーホワイトでも大きな悪影響は出ない事がありました。

 

しかし30代以上といった年代ではクレヒスのないスーパーホワイトだと悪影響が出やすいです。

〇 クレヒスを残す方法は?

携帯電話を分割払いで購入する、家電などをショッピングローンで購入するという方法である程度クレヒスを貯める事が可能です。

 

年会費無料の一般カードに申し込みするという方法もあります。

 

ステータスの高いゴールドカードと違い、一般カードであれば比較的審査に通りやすいです。

〇 まとめ

スーパーホワイトだからといって必ずカードローンの審査に落ちる訳ではありません。

 

過去に長期滞納や債務整理、代位弁済などが無い立派な経歴です。

 

クレヒスのある方より審査に難がある程度と考えたほうが良いでしょう。

 
page top