キャッシングとカードローンの違いについて

キャッシングとカードローンの違いについて

 
消費者金融にはキャッシングとカードローンがありますが、同じ意味のように解釈されていますが実は違う意味の言葉なんです。
キャッシングとカードローン、この2つの言葉の違いは返済方法にあるんです。

キャッシングとは?

一括で返済する借入方法のことをキャッシングと言います。短期間中に一括で返済する訳ですから、返済可能な少額の借入になります。1回で返済するので、利息も一回分となります。仮に金利が17.8%だとして、1万円を借りた場合、追加で支払うべき利息は146円です。返済額は10,146円となります。利息が少ないので、気軽に借りれるのが特徴と言えます。
主に利用される方法としては生活費の補助的役割になります。ローンの支払いが重なってしまったり、冠婚葬祭などで急な出費に困ったり。次の給料日に入ってくる給与で支払うことができる範囲で対応できる額です。ちなみにプロミスの30日間無利息サービス(※)を利用して一括で返済するキャッシングであれば、利息はゼロのままですので、借りた金額のみを返済すれば良いのでとてもお得です。
※30日無利息のサービスを受けるにはメールアドレスとWeb明細利用の登録が必要になります。

カードローンとは?

分割返済なので長期返済が可能なのがカードローンです。一度に返せない大きな額の借入れの際に使われます。月々決まった額を返済していきますが、大きい額が借りれるというメリットはありますが、その分、利息が多くついてしまうので元金と利息のバランスを考えて金額を考えなければなりません。

 

できるだけ早く完済するためには、月々の返済額を多めに設定する必要がありますが、返済が送れるということは絶対避けなければならないことなので、無理の無い返済額を設定するのが良いです。申込み後に、利用限度額が希望していた額より多くあったとしても、なるべくなら必要最低限の額しか借りないようにするのが良いでしょう。引き出せるお金があるとしても、必要な額だけを借りて、できるだけすぐに返済するのが上手な利用方法といえるのではないでしょうか。

プロミスの公式ホームページには、返済シミュレーションできるページがあります。いくら借りて、何ヶ月で返済すれば、月々の返済額がいくらになるのか?何も考えないで50万円の融資を申し込むより、一度シミュレーションしてみると驚きます。まずは利息を含めずに計算してみましょう。50万円を毎月1万円ずつ返して50ヶ月(4年と2ヶ月)で完済できるわけですが、プロミスの返済シミュレーションでは、フリーキャッシングの金利として17.8%で計算しています。そうすると50ヶ月で完済するためには月々14,233円の返済額になってしまいます。しかもその内訳は元金が、6,817円に対し、利息が、7,416円です。もし、月々1万円ずつしか返せないとなると、80ヶ月でも返済できません。7年近くなるということです。

 

カードロ−ンというのはフリーキャッシングです。生活費、レジャー資金、教育資金など生計費に限ります。もちろん、保証人や担保が必要ありません。通常のローンですと、住宅に限ったり、自動車に限ったり、または教育に限定されていたりしますが、その分金利が低いのが特徴です。ですが、フリーキャッシングは金利が高くなってしまいます。高額でのカードローンの利用となると、月々の返済額の負担が大きくなってきますし、返済していく期間はとても長くなってしまいます。やはり利息の負担もかかってきます。ですのでバランスを取って利用しましょう。