プロミス在籍確認-アルバイトの場合はどうなる?

プロミスの在籍確認はバイト先に電話がくるの?こないの?

 

プロミスはバイト先に電話連絡なしでキャッシングできます!

本来であれば、プロミスはアルバイトでも在籍確認の審査は必須です。

(もちろんプロミスだけでなくどこの消費者金融でも必須です)
ですが、バイト先に電話がくるとどうしても不都合だという方もいらっしゃいますので、そんな場合はプロミスの担当者に相談することで、在籍確認の電話回避も可能になるかもしれません。ただ、審査の内容によっては確認の電話がかかってくることはさけられない場合もあります。

 

在籍確認の電話といっても、例えば「もしもし、プロミスと申します」というような消費者金融名を名乗ってアルバイト先に電話をしてくるようなことは決してありません。担当者の個人名でかけてきますので、第三者に消費者金融を利用しているというようなことがバレるようなことはありません。

 

インターネットから申込む場合、審査に必要な書類は画像に変換してすぐ送ることができます。スマートフォンで写メを撮ってそのままアプリからアップロードすることもできますし、メールなどで送信すれば審査がとてもスムーズに進みます。

 

ただ、現在のバイト先で勤務し始めたばかりでまだ一回も給料が出ていない段階などだと融資自体が難しい場合もありますので注意が必要です。

 

在籍確認の審査についてもっと!

プロミスなどの消費者金融はカードローンなどのサービスの申し込みを受けたとき、審査をします。

その審査の中の最終行程に在籍確認という項目が含まれており、消費者金融は業種、雇用形態問わず基本的には審査を行います。

 

そもそも在籍確認とは、申し込み者が記入した勤務先で実際に働いているかどうか確認することです。もう少し詳細に述べますと、申し込み者に記入用紙に勤務先と連絡先を記入してもらいます。そして審査担当者がその連絡先に電話して、その職場に存在しているか確認します。

 

このとき担当者は、勤務先には担当者の名前で電話をかけて申し込み者に配慮します。このようにすることで、申し込み者が借金をしたということを勤務先に知られないようにします。なお申し込み者がアルバイトであっても、同様の手順にしたがって在籍確認をします。

 

この他にもクレジットカードを申し込むときにも、在籍確認は審査の過程で行われます。消費者金融においても在籍確認は行いますが、中には在籍確認の電話がなしのところもあります。

 

在籍確認の電話なしの消費者金融を利用するときには、必ず条件を確認することが必要不可欠となります。そして申し込みの際には、条件を満たしているかどうかを一つ一つチェックすることも大事となります。

 

アルバイトやパートであっても電話なしにするには?

 

正社員や公務員など、正規雇用と違い、非正規雇用であるアルバイトやパートの方などは、勤務先の入っている証明書が少ないので、証明書類で在籍確認をしてもらうのは少し厳しいかもしれません。

 

ですが、アルバトでも勤続年数が長いと、借りれる可能性は高くなりますし、アルバイト先への在籍確認を電話なしにしてもらうことも可能になってきます。やはりアルバイトやパートでも安定した収入を継続していると認められれば、審査がスムーズになります。

 

もしくは、まずは少額の借入れを申込むことでハードルは下がると思われます。在籍確認の電話なしをお願いしても受け入れてもらえる可能性はあります。そして返済を問題なく行い、そしてまた借り入れを繰り返せば融資の増額も受け入れてもらいやすくなります。