高給取りよりも安定収入の方がカードローン審査に通りやすいって本当?

高給取りよりも安定収入の方がカードローン審査に通りやすいって本当?

 

高給取り、安定収入、カードローン審査を有利に進められるのはどちらでしょうか。

 

高給取りと安定収入のカードローン審査を分析します。

 

・高給取りか安定収入かは勤務先情報

カードローンの申し込みの時は、必ず勤務先情報を入力します。高給取りか安定収入かは勤務先情報から判別しているのです。

 

勤務先が公務員や上場企業の正社員であれば安定収入とみなし点数は高く、逆に自営業者などであれば高給取りであっても点数は低くなります。

 

・安定収入は会社規模と勤続年数からなる

安定収入がどのように点数化されるかというと、従業員数などの企業規模と勤続年数から算出がされます。

 

大手企業、特に上場企業の職員であればリストラが行われにくいとされ、勤続年数が長ければ仕事が安定するのでより安定収入とみなされます。

 

高給取りだけど自営業者で、しかも自営業を始めた年数が短いと、いつ破綻するかわからないといった不安から、カードローン審査に合格しなくなるのです。

 

・高給取りが安定収入に点数で負ける?

高給取りでも自営業者で仕事の先行きがわからない人は点数が低くなります。

 

一方で収入は普通でも、国家公務員など権威のある仕事についていて、勤続年数の長い人は点数が高くなります。

 

安定収入の方がウェイトは高いので、カードローンの審査では逆転してしまうのです。

 

カードローン審査は高給取りよりも安定収入の方を重視する傾向があります。

 

一つの項目で全て決まるわけではありませんが、意識しておくといいでしょう。

 
page top